スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
いいかげん。
今週もあっという間に過ぎ去っていきました・・・


年をとるにつれ時間が早く感じるのはなぜなんでしょう。


子どものときは永遠のように感じられた時間。


きっと子どものころの思い出や体験が、大人になって心の糧となるように、たくさんの時間が与えられているのかしらと思ったり・・・


それはさておき、


今のパパにとって時間ってなんなんだろうって思うときがあります。


腕時計をつけていても、ボタンをおして時間を狂わし、平気でそのまま。


季節感もなく、出かけるときは冬のジャンパーを着てしまう。


なのに、家では半ズボンをひっぱりだし・・


昼寝をし過ぎたその日の夜は、「朝だ!」と言ってきかないし・・・


だから、服を選んだり、毎日カレンダーで日にちを確認したり、確認作業に追われます。


でも、パパは次の日になると、またまっさらな頭に戻っています。


だから、また新鮮な一日の始まりです。


パパを見て、「こんな日もあってもいい」「あんな日もある」「生きてることがすごい」と素直に思える私なのでした・・・


そういうふうに思えるようになったのも最近です。


いらいらして大声でパパに怒ったりしたこともあります。


でもその度に自己嫌悪に陥いり心もすさみ、子供達にも八つ当たり。


だから、もっと自分のこころに余裕を持たないとやっていけないと思い、とりあえず自分の心の許容範囲を広げる努力をしました。


これが、大雑把な私の性格にバッチリ。


「失禁、OK」


「半ズボンOK」


(お風呂上りに)パンツ2枚、シャツ2枚着ていても、パパに着る理由があったはず「OK」と。


とりあえず全部OK(牧場)ですよ!


そんなことをしているうちに、子育てにおいても命にかかわること以外は、「けっこういいかげんな母さん」になってしまったのでした・・・


「いいかげんな母さん」と「新鮮なパパ」を支えるこどもたち、ガンバレ!!



















スポンサーサイト
未分類トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
しあわせ。
今日はパパのコロポックルの日。


週一度のこの日だけは、「私が私になる時間」


なんてかっこいいことではなく、パパを送り届けたあとは、「ふっ」と心が軽くなります。



私「いってらっしゃい!」

パパ「楽しんでね!」と。



私の楽しみは、自転車。


自慢のマウンテンバイクにまたがり、いざ真駒内公園へ。


公園に着いたら、まずランニング3キロ。


ランニング初心者だから、ゆっくり走り30分。


そしてまた自転車にまたがり、河川敷をヒタ走り。


こんなときの私は、もう誰にも止められない超前向き人間になってます。



誰もいないのを確認してから大声で歌を歌い、最後には、なぜか「パパ、ありがとう!」「こどもたちよ!ありがとう」って叫んでるし・・・


 
誰にも見られたくない恥ずかしい一面なのですが・・・



へとへとになって家にたどり着き、思考停止。


そして、パパを迎えに行きます。


「家に子供達が帰ってきて、パパがいる。」


以前は感じなかった当たり前と思っていたことがすごいことなんだと、思考停止の頭にピカッと光る。



これが私の守って生きたい「しあわせ」なんだと気づく。



その幸せを時々忘れてしまうから・・・


その度に相当のエネルギーを使ってる私って・・・


「省エネしなきゃ」 「賢くなれ」と自分に言い聞かせる今日この頃なのでした・・・


未分類トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
言葉のもつ力。

作業所に通わない日はほとんど寝てすごすパパ。


病気のせいと思いながらも、忙しい日が続くとさすがに私もイライラしてしまいます。


私のイライラはパパの失禁や徘徊の原因になります。


その度に言葉のもつ力を思い知らされ、反省させられるのです。


国内の高次脳機能障害者は推定30万人。


症状もさまざまでひとくくりで説明できない病気。


命が助かったことが奇跡なのに、後々の生活に不安を抱き、生きていることさえ辛いと思う本人、家族。


私も、パパが完全には治らないと言われたとき、高次脳機能障害について知るきっかけとなりました。


医師からは高次脳機能障害を支援する機関があることや、病気の説明は無かったし、主人は45歳なので当たり前のように、老人保健施設の利用を勧められました。


そして、今年から「コロポックル」という高次脳機能障害を支援する作業所へ通い始めました。


その所長さんに言われた言葉のなかに「心では泣いてても、演技して相手を誉めることが大切。いい言葉やあたたかい言葉はいつまでも本人の心に残るよ。脳のなかの記憶と感情をつかさどる部分は近くにあるからね。今は辛くても、あなたの人生が深くなると思って、笑顔でいこうよ!」


その方は、まだ高次脳機能障害が知られていなかったころ、息子さんが交通事故に遭い「コロポックル」をたちあげたのです。


いつもニコニコしていて、優しいかたです。



昨晩失禁して、落ち込んでるパパ。


私も日頃の忙しさにかまけて、パパにかまってあげられなかった反省をこめて・・・



新緑のまぶしい真駒内公園へ散歩に誘いました。


パパにはどんな小さなことでも「楽しい」「うれしい」という感情をもってほしいと願います。


私はマスクにサングラスで「かゆい」「くるしい」でしたが・・


白樺花粉が落ち着くことを願います・・・














未分類トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
| ホーム |
プロフィール

きよママ

Author:きよママ
ようこそいらっしゃいました!!
とっても、大歓迎です☆
一言でもよいのでコメントを残して頂けたら嬉しいです~にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
ぽちっとお願いします♪

最近の記事+コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
~遊びに来てくれた方~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。