スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ゆうかの参観日
今日はゆうかの父親参観日なのでした。

パパも参観日に行って「頑張る!」と言ってます。

今日は親子で工作、パタパタというおもちゃをダンボールの紙で作るのですが・・・

「よし、ここはパパにまかせてみようかな」と思い、朝パパを幼稚園まで送って、私はゆきが最近はじめたバスケットボールの練習を見にいくことにしました。

とりあえず、パパがゆうかのクラスに入るのを確認。そこには生徒が一人もいません。朝遊びで、他の親たちはグランドで遊ぶわが子に見入ってるのに・・ゆうかを探そうとは思わないみたい・・・

そのうち生徒もクラスに戻り、ゆうかもパパを見つけニコニコでした。
「なんとかなるかな」と私はそーっと幼稚園をでて、ゆきの学校へ。

朝の練習が9時から12時まで。ゆきはまだまだ見学なのですが、ドリブルや体育館を走ったりの体力づくり。

そして、幼稚園の帰りの時間に間に合うように戻り、がっくりきました。なんだか涙がでてきました。

ゆうかだけ何も出来てない。パパは帽子をかぶって隣に座ったまま何もしていない。ゆうかに話しかけてもいない。ボーっと下向いてる。

私が急いで行くと、ゆうかは私の顔をみてワーっと泣くし、パパは鼻水たれてるし・・「何してんのパパ!何で作ってあげないの!」

先生が教えてくれてもパパは何もやろうとしなかったと。

ゆうかは「ママがよかった。パパ途中で廊下に行ったり、何もしてくれないし、帽子脱がないし、怒るし恥ずかしかった」と。

先生は「ゆうかちゃん、パパが来てくれただけでもよかったしょ」と。

パパは他の親からもジロジロ見られ、私も恥ずかしかった。こんなことなら初めから私が出ていれば・・よかった・・

パパのことを恥ずかしいと思ってしまう私。良くないこととは分かっているけど・・人の目ばかり気にしてしまう私。「頑張るっ」て行ったのに何もできないパパに苛立つ私。

結局そんな私が、またパパを狂わせてしまう・・の悪循環。

「病気だからしょうがない」「何も期待しない」「生きてるだけありがたい」と無理にでも思わないとやっていけない・・と正直な気持ち。

だから今日はパパを義母に預けます。












スポンサーサイト
未分類トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
ありがとうございました!
ありがとうございました。

みなさんのあたたかい励ましの言葉に、心が救われた思いがしました。

こんなときこそ、明るくまえむきに行かなくてはと改めて気づかされました。

なんだかいろいろ悩むとどっと疲れてしまいますね。

それに私がイライラしてると、パパが変なこと言うようになってきたし・・

変なことって言うのは、現実ではないこと。パパの頭の中では変なことではなくてただ現実と過去の記憶が混乱しているだけのこと。

脳って敏感です。

私がプラス思考で明るくいれば、パパも明るく、混乱することもありません。子どもとも話すし、元気だったパパを垣間見る感じで、子どもたちも「パパ、直ったんじゃない」と言うほど。

時に、パパも大の男なんだから、自分でやる気を出してほしいし、自分ができることは自らやってほしいと思います。病気だからできないのか、本人の性格なのか・・悩むところなのですが・・

でも、パパが良くなるも悪くなるのも私次第だとしたら、プレッシャーもありますが、少しぐらいの文句やイライラは我慢してもらって・・

でもやっぱり脳には誉めて誉めてやる気や活力を出してあげることが一番ですね。

愚痴や不満も病気のパパに言っても自己嫌悪になるだけだし・・

パパが病気になって、まえむきに生きていくことの大切さを身をもって学んでいるのかしら・・と思うこの頃です。












未分類トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
まえむきでいこう
先のことをあれこれ考えてもしょうがないと思ったけど。

やっぱり考えてしまうものですね。

昨日もパパを学校に迎えに行って、がっくりしました。

本人の行動が、同僚の先生に誘われたりしないと自分から時間を見て行動ができないとか・・

高次脳機能障害ってほんと見た目には分からなくて、甘えてるとみられがち。でも心はもとのパパなのです。できたことができなくなってることは本人もわかってるんですが・・・

ほかの先生から見たら、パパはまだまだなのでしょうね・・

きっと復帰は無理と思ってるのでしょうね・・

誰もがそう思ってるんでしょうね・・・


と、なんだか悲観的に考えてしまってたんですよ。だめですね・・

みんな一生懸命がんばってるのに、自分だけが・・なんて考えてしまって。

自分の心を切り替えるのに時間がかかってしまいました。


明日からパパは学園のバスに乗って行きます。バス停までは送るのですがいい刺激になってほしいです。

そして同僚の先生にも、パパの病気を説明して、時間があるときに授業に誘ってもらったり、迷惑承知で頼もうと思います。








未分類トラックバック(0) | コメント(14) | top↑
高速道路デビュー
私はひそかに計画していたのでした。

みんなを温泉に連れて行きたいなあと。

ゆき「パパが元気だったら、いろんなとこに連れて行ってくれたかなあ?パパが倒れる前に海に行って、かにとか貝殻拾ったよねー。今年も海は無理だよね・・」

私「じじは海には行かないしね。ママも運転がねー・・」

長距離はまだ運転したことないし・・パパが倒れた次の日から運転するようになって、まだまだ札幌市内限定だし・・

みんなで温泉行くときは、じじ(祖父)頼みなのでした。

そんなじじも今週末は東京だし、私がやるしかない!と意気込んで。

初めての高速道路。白老まで高速で行き、目的地はいつものかにめしを食べ、海岸で貝殻集め、温泉コース。

砂浜に打ち上げられている貝殻やきれいな石を無我夢中で拾う3人。

ゆうかは布袋にぎゅうぎゅう詰めて、おまけに流木をみて「ママこれいいわー」と。しぶいね!ゆうか。

たっぷりの貝殻と石、流木を持ち帰ったのでした。

日帰り温泉は虎杖浜温泉「いずみ」泉質もさることながら景色抜群。

温泉ではパパがゆきとゆうかの髪を洗ってくれたみたい。子どもたちもうれしそうに話してました。

帰って来てから3人は、拾ってきた貝殻を洗い、乾かし、何やら一生懸命工作中。何ができるのやら・・

なんとか無事に帰ってこれて一安心です。

高速道路怖かったー!













未分類トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
20歳になったら脳ドック
今日はパパと大ちゃんの病院の日。

パパと大ちゃんは泌尿器科の同じ先生に診てもらっています。

最初に大ちゃんが呼ばれました。

先生「大ちゃん、今日はエコーとちっくん(注射)してもいい?」
大ちゃん「えーだめだめ」と。

エコーで腎臓をみると、やっぱり腫れてるのですが、なかなか形が戻るのは難しいと。最近は熱も出していないし、腎機能も血液検査ではまずまずの横ばい。

とりあえず安心です。

次はパパが呼ばれました。腎機能も落ちてきていますがまだ透析になるまではいってないのでこれもひとまず安心。でも薬が増えましたが・・

パパはのう胞腎で、脳動脈瘤もできやすいみたいです。多発性動脈瘤であと未破裂があと2つ。なんだってまあ・・・

動脈瘤も腎臓も遺伝が関係しているみたいで、子どもたちには「20歳になったら脳ドックだよー」と口をすっぱくして言ってます。

ちなみにパパが倒れたとき、私も受けたんですよ脳ドック。

「20歳になったら脳ドック」

これもうちの家族の合言葉の1つです。
未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
案ずるよりうむがやすしで行こう!
昨日パパを職場に迎えに行きました。

同僚の理科の先生と畑仕事をしたみたい。なにかできることをしたり、誘ってもらえるということはとてもありがたいことです。

帰り際、校長先生、教頭先生、他2人の先生に話があると呼ばれました。4対1。

今月で2年間の休職期間が終わり、学校に一年間の籍だけおけることになっていますが・・そのことでしょうか・・心に不安がよぎります。

話の内容は、パパがその日によっていい時とはっきりしない時があるということと、2学期からは、学園のバスを利用して来てみるとか本人がもっとやる気をださなきゃいけないということ。

もっともなこと。確かにいい時、ボーっとしてる時あります。他の人がみたらやる気ないと思うかもしれません。

脳の病気をした人が社会復帰をすることはとても難しい現実もわかってます。

でもパパにはとてもやる気があるんです。家族を支えたいと・・でも時間がないんですね。

「ながーい目」でと言うのは現実の社会で働くには通用しないことなんでしょう。

でもいろいろ考えてもしょうがないので、まずは一年職場に行けるだけでもありがたいです。44才。まだまだ行く場所があるだけパパは幸せ者ですね。

32才。私は結婚してずーっと専業主婦。3人の子どもに恵まれました。パパが病気で倒れなければ社会に出る機会もなかったかもしれません。

でも一度は看護師や保健師として働きたいと思っています。

すごーく不安で、「私なんて・・」としり込みしてるんですけど・・


でも、とりあえずあと一年。

パパを応援しながらやっていきたいと思います!

「案ずるより産むがやすし」私の好きな言葉です。




未分類トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
ゆうかとパパのお留守番
昨日の夕方。

パパを迎えに行き、うれしいことがありました。

同僚の先生が「授業も頑張って出てるし、先週の授業もどの先生の授業に出たのかちゃんと覚えてるんですよ!」と驚いた感じ。

それを聞いたパパも鼻の穴ふくらましてうれしそうだったし。

パパは次に何をしたらいいか分からなくなって行動が止まることが多かったので、「どうしたらいいかなー」といろいろ考えていたんです。

例えばメモをとること。でも、メモしたことを忘れたり、自分から書かないし・・。

それで、最近考えたのは合言葉みたいに、最初に私がキーワードになる言葉を言います。

私「学校に着いたら・・」
パパ「理科室行って、かばんの中の物を机に出す」

私「学校で何をする?」
パパ「他の先生の授業をみる」

私「授業に出るということは?」
パパ「生徒とかかわる最後のチャンス」

私「プライドは?」
パパ「いらない。いちから頑張ってみる!」

みたいなことを何回もくり返して言うんです。特にウォーキングのときなんかぶつぶつ言ってます。

声に出して、その言葉を脳に伝えて行動!分からなくなったら言葉にだして前頭葉に命令をだす!・・そんなイメージを勝手にもち最近やっています。

でも相変わらず、パパを迎えに行ったら鞄はそのまま置かれたままだしし・・鞄の中のお茶も飲んでないし・・

まあ「ながーい目」で見ていきましょう!



学校から帰ってきて、ご飯の支度中にゆきが「ママ歯が痛い」と。とりあえず、ゆきに自転車で先に行ってもらい、私はパパに先にご飯を食べさせ、薬を飲ませて・・。

ゆうかに「パパと留守番していてね。すぐ帰ってくるから」と。

大ちゃんを連れて行ったのですが、虫歯を抜くことになり、帰ってきたのは8時。

ゆうかは「ママ、おなかすいたから食べちゃったよ。パパも食べてないっていうから焼きそば食べさせたよ!歯も磨いたし、オムツもはかせたから!ゆうかってすごいでしょー!」ってハリキリ顔。

面倒見のいいゆうかちゃん。ありがとう。

パパはご飯を2回食べ、私とゆきがどこへ行ってたかわかる?と聞くと「お寺!」と答えるし・・

「なんでやねん!」とまたまた心のなかで叫んでしまいました。






未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
父の日
私はすっかり忘れていました。

夕方パパをお風呂に入れて、ご飯の準備。いつもの日曜日。

外で遊んでいたゆきが「ママちょっと買い物いってもいい?」

私「だってもう6時だよ。あぶないよ。」

ゆき「おねがい!父の日だからなにかあげたいの」と手には150円。

私「だったら牛乳もお願い。」と100円カンパしました。

ニコニコで自転車のって近所のお店まで出かけました。きっとお菓子か
ジュースくらいかなと思っていました。それでも自分のおこづかいの中からパパにプレゼントしたかったのでしょうね。

それにしても父の日をすっかり忘れてた私。午前中には実家に行ってたのに・・。ゆきのひと言で思い出してるし、晩ごはんはキャベツづくしだし・・・。

ゆきが帰ってきました。

ゆき「パパいつもありがとう!」

包装紙は茶色でMORINAGAって書いてるし私は「チョコレートだな」と。

パパが泣きながら包みを開けると、小さなノートとシャープペン。

ゆき「パパいろいろ忘れちゃうでしょ。だから今日あったこととか、食べたものとかなーんでもいいからメモすればいいと思って」と。

子どもながらにパパのこといろいろ考えていてくれてるんだなあと私も涙。

それをみていたゆうかは「なにさ!ゆきばっかり!パパなんてだいきらーい」と。わかるわかるゆうかの気持ち。まるで小さいときの私の分身。同じ立場の次女だもの・・



今朝パパはゆきにもらったメモ帳をポケットに入れて元気に学校に行きました。




未分類トラックバック(0) | コメント(9) | top↑
ゆうかの運動会
昨日はゆうかの運動会。

年少さんから通い始めて2年目。幼稚園最後の運動会です。

ゆうかが幼稚園に通いだしたのはパパの入院がきっかけ。そんなパパも昨日は運動会に一緒に行くことができました。

ゆうかは負けず嫌いで、朝から張り切りモード。家の前で縄跳びや走る練習をして準備OK。

そんなゆうかがかけっこでびりになると「こんなはずじゃない」とふくれっつら。

次は障害物競走。走る前からさっきのかけっこの借りを返すべくすごい表情。そしてスタート。隣の子を意識しすぎて、最初のぽっくりで転倒・・。

泣きながら跳び箱、縄跳びをクリアしてゴール。

もちろんふくれてるし・・。

ゆきはいつもビリでも「まあこんなものかな」とニコニコ。

お昼ごはんのときも「くやしい」といってるゆうか。

この負けず嫌いのエネルギーも、大人になったら、いい方にむかってほしいと願う私。

幼稚園最後の運動会。天気にも恵まれ無事に終了。

パパは確か日陰で、座ってるだけだったはずなのに、なぜか一番日焼けしているのでした。






未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
意気消沈な日
昨日から意気消沈の私。

昨日はパパの学校の日でいつもと同じように元気に送り出したのです。

休職中のパパは高次脳機能障害を乗り越え復帰を目ざしています。本人はできると思っていても短期記憶の欠落や、自発性の低下など他の先生からみたら不安があると思いますが。

でも毎日みている家族は本当に奇跡の回復なんです。だから多くを(復帰することや以前のような明るいパパ)望んではいけないといつも思うのですが、パパの回復をみてると、私ももしかして復帰できるんじゃないかという希望を抱いてみたりするわけで・・・。

パパも最近はあまり寝ないで集中して百ます計算や理科の復習などやっってますよと同僚の先生から言われると、私もとてもうれしいのです。

6月に入り、他の先生の授業を聞いたり、実験の見学をすることになったのです。これもまた、いい刺激になると思うし、本人も「がんばる!」とかいってたのですが・・

昨日、学校へ迎えに行ったら、同僚の先生が授業に誘っても「いやです」と言ったとか。

今まで、意志表示があまりなかったものですから、これも1つの回復かと思えば思えなくはない。と先生は笑って言ってくれたのですが。私は帰りの車でパパに怒ってしまいました。

病気のパパを怒るのはほんと気が引けるし、「病気のせいなんだからしょうがない」と思えば怒るのは駄目なことなのはわかってるのに。
脳には誉めて誉めて、脳内モルヒネをたっぷりだしてあげなきゃいけないと本に書いてあったのに・・


最近のパパの回復ぶりに希望をもっていたので、ちょっと悲しくなったわけで・・焦ってはいけないのに・・・パパにいきさつをよくよく聞いてみると

パパ「若い先生にいわれたので意固地になった。俺だって授業できるんだよって思って・・」

私「どうしてせっかくの生徒と関われるチャンスをふいにするの?すごい病気を乗り越えてここまできたんだから、パパの気持ちも分かるけど、プライドいらないんじゃない?」

えらそうにパパに言って自己嫌悪な私。

元気な頃は、思ったままの感情をパパにぶつけてきたのですが・・なかなか難しいものです。

一喜一憂せず日々淡々と暮らすことが、気持ちも平穏でいいかもしれません。でも、たまには大いに喜び、少し憂う。これぞ生きてるって感じかなと思ったり。


未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
今日の札幌真夏日です!
今日の札幌真夏日です。なんと29度もあるのです。

北海道人は(わたしだけか?)、天気予報で真夏日予想がでると、前の日から「うわー明日暑くなる」と何かの心構えをしてしまうわけです。

「暑くなる。暑くなる」と思いながら、朝起きて、まだまだ暑くなっていないのに、朝のごみだしなんかで近所の人に会えば「今日は暑くなるみたいですねー」と朝から、ちょっと構え姿勢なんです。

心境は「やだなー」という気持ちと、「とうとう来たな夏」といううれしさもちょっとあるんですけど。30度超えてくると、もうぐったりなんですよ。でも短い夏だからまだクーラーなしでも頑張れるんです。

今日はゆうかの運動会の総練習がありました。

土曜日の本番にむけて一通りやってみるので、朝から大ちゃんと行って来たのです。本番では、私がビデオとカメラの係りなので、踊りのときなど、ゆうかの出番の位置を確認して準備万端にして・・と。

今年はパパが始めてゆうかの運動会を見に行く予定なので、(たぶん日陰で座ってるだけになりそうですが)ゆうかもおお張り切りなのです。

小学校より幼稚園の運動会の方が見所満載で親のほうが楽しみだったりして。一番の見所は、年中と年長さんの全員リレー。

この全員リレー。本当に感動なんです。子どもたちの頑張る表情とか、バトンを落としたり、ころんだり、それでも最後までバトンをつなぐ、そこにドラマがあるんですよ。今日見に来ていたお母さんたちもやはり、目には涙。まさに「感動をありがとう」なんです。

お昼をはさんで総練習はおわり、大ちゃんはまさに「ゆでだこ」
私も、うでに日焼け止め塗り忘れ、「うでひりひり」

今年一番の真夏日を満喫したのでした。







未分類トラックバック(0) | コメント(10) | top↑
元気いっぱい日曜日
子どもたちが「見たい!」というから・・・


私は早起きして、パパと一時間ウォーキング。

パパが一人でウォーキングして帰ってきてくれたらいいのに。

土日はパパのウォーキングがメイン。だれかと一緒じゃないとお家に帰ってこれなくなるから、いつも一緒。

パパはウォーキングを終え、朝から昼まで寝てすごします。寝ないと反応が悪くなるというか、話しかけてもぼーっとして、返事がない。
もう慣れたけど、反応がいいときは普通に会話が成り立つ感じ。そんなとき、私は思うのです「あっ、いま戻ってる」と。今のうちに子どものこととか話しちゃおうって。

朝ごはんを終え、お次は子どもたちの番。

「見たい!」というのは今、札幌でやってるよさこいソーラン祭りのこと。

正直、ウォーキングで疲れたのに「ゆっくりしようよ」という心境。

でも行ってきました。

晴れやかな衣装をまとったお姉さんやお兄さんが踊るのをみて、ゆきもゆうかも大ちゃんも始めは驚いていました。踊ってる人達がとても楽しそうでした。

公園でおにぎりを食べて、文房具屋さんでシールを買って、子どもたちも満足だったかな?

大ちゃんも昼寝タイム。
これからは、やっと私の時間。CSI科学捜査官のDVDでも見ようかな!

未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
おたふくかぜじゃなかった!
おたふくかぜと思っていたゆうかちゃん。

あんなにぼっこり腫れていたのに、おたふくじゃなかったのです。

先生は「細菌に弱いのかもしれないね」と。たしかに、肺炎で2回入院してるし。よく高熱出すんです。

ゆうかが産まれてすぐの初乳を、ほとんどゆきに飲まれたせいで、免疫が弱いのかしらとふと思ってしまったのです。

大ちゃんはもう2歳半だというのに、「おっぱいのまさして。おねがい」
と言い、なかなか断乳できないでいるし、ゆきは、ゆうかが産まれる前に断乳しようと思い、おっぱいに顔を書いたり、からしぬったり、いろいろやったのですが、とうとう、ゆうかが産まれても、わたしのおっぱいを意地でもやめなかったのです。

ゆうかは、大ちゃんが産まれる前にはもう断乳したので、大ちゃんは初乳もまるまる飲めたし、やっぱり初乳って大事なんだなあと思いました。

おたふくだと思って今週は幼稚園お休み。久しぶりにゆうかの相手をゆっくりすることができて楽しかったなあ!こんな休みもたまにはいいなと。



今日は、パパを連れて、真駒内公園をウォーキング。ゆきとゆうかは自転車でパパの応援、大ちゃんはベビーカーにのり「パパ!ばんがって」と声援を送っています。子どもたちに後押しされて、リハビリも前向きに取り組んでくれるようになったパパなのでした。

未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
久しぶりのパン作り
今日は、パパを学校へ送った後、やりたいことがありました。

レーズン酵母を使ったパン種が今朝出来上がったので、さっそくパンをつくってみました。お昼前からいろいろ仕込んで、やっとさっき焼きあがりました。

晩ごはんは、ジャガイモを千切りにしてチーズを乗っけて焼いたものと、焼きたてのパンと、水菜のサラダです。

久々に作るから、ドキドキでした。オールパンというフライパンで焼いたのですが、オーブンで焼くのと変わらないほどいい感じ。

パン種と小麦粉と塩だけで作るのですが、噛んでいると味わい深いのですが・・・(少し不安)
ゆきとゆうかは「ママー。なかなかおいしいよ」と。
大ちゃんは「ママー。ジャムがおいしい!」とジャムをパンにつけてはジャムを食べてるし。


レーズン酵母で作るから、もちもちしてるのかしら?

4.5年前に、お友達のお家で行っていたパン教室で教えてもらったのですが、ほとんど忘れていたのです。先日、そのお友達が作ったピザ生地があまりにもおいしくて、記憶がよみがえってきた感じ。「そうそう、この味」って。

うまくできるか分からないけど、引き出しからレシピを探して、干しブドウを買ってきて、発酵させて、パン種つくって・・と。

作ってるうちに思い出すものですね。

やっぱり楽しいパン作り。

少し、時間に余裕もできたしいろいろ作ってみようかなと思いました。


<今日のパパ>
「本日は同僚の先生の授業を見せてもらい、勉強しているうちにふと眠たくなって寝てしまったところを校長先生に見られてしまい踏んだり蹴ったりが続くのでした。いやはやお恥ずかしいばかりであります」

未分類トラックバック(0) | コメント(13) | top↑
一週間の始まりは・・

一週間の始まりは、ゆきの腹痛。ゆうかのおたふくかぜでした。

月曜の朝、いつも自分で身支度準備してくるゆきが、なかなか降りてきません。「ママ、おなかが痛いの」と。
熱もなかったのですが、日頃の遊び疲れかなと思い、「休んでもいいよ」と言ったら、なんかうれしそうに「いいの?」と。

朝ごはんも食べて、元気そうなのですが・・。ときどき痛くなるみたいなんです。今朝は学校へ行ったのですが、やっぱりおなかが痛くて我慢していたと。

ゆきの休みに、ゆうかが「ずるーい!」「ママ、ゆうかも頭痛いんだよ」と怒りだす始末。ゆうかは、夜寝るまで元気だったのですが、朝方に「ママーほっぺ痛いよー」と。
みると、すごく腫れてるではありませんか、熱もあるし。

ゆきとパパを送り出して、病院へ行くと「たぶんおたふくかなー」と言われ一応調べることになりました。
それまでは幼稚園はお休みです。今は運動会の練習真っ只中なのでゆうかはとても残念そうです。

元気なのは大ちゃんだけ。いつもとは逆の立場なので、せっせとゆうかに冷えピタを張り、ゆきちゃんには、おなかに絆創膏をはっています。

大ちゃん「早く元気になってね!」と。

今日のパパは、デイケアから新たな陶芸作品を持ち帰ってきました。
大きめのマグカップ。明日は、これでコーヒータイムです。


パパ
「娘のドーナツ銀行券五億円がありました。本物だったらどんなに幸せかなあと娘のおもちゃ券を見てふと思うこの頃です。昨日は同僚の先生と学校の裏山を1時間ぐらい歩きました。授業中にです。身も心もすっきりしました。晴れやかな気分になって学校に戻ることができました。裏山万歳!」

未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
早朝のサプライズ
今朝は6時おき。

7時からパパを連れて1時間のウォーキング。

昨日は子供たちと遊びすぎて、ウォーキングの時間が取れなかったので。朝の涼しいうちに歩いてしまおうというわけです。

その間は、ゆき、ゆうか、大ちゃんでお留守番。

ゆきには、大ちゃんが何かあぶないことしないように言い聞かせて。
でも、心配なので途中で電話すると、「大丈夫だよ。でもみんなおなかすいたって」
「もうすぐ着くから待っててね!」と私。

パパと歩くペースを速めて帰ります。
パパも、家に着く頃には、大汗かいてます。
いい運動になりました。

そして、家に着いてサプライズがありました。

ゆきが、おなかをすかせた大ちゃんと、ゆうかにご飯をつくっていてくれたのです。

豆腐をさいの目にきり、かつお節をかけたもの。冷凍食品のハンバーグをレンジで温めて、ご飯の上に1つずつのっけてありました。

大ちゃんも、ゆうかもきちんと食卓に座り、食べているではありませんか。

ゆきも「子どもたちがさー。お腹すいたっていうから」とお姉さんっぽく言ってました。

ママもパパも朝から、とてもうれしく、いい一日になりました。

ゆき、大ちゃん、ゆうかちゃん。

どうも ありがとう!



未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
おたまじゃくし
今日はお天気が良かったので、子供たちと滝野すずらん公園に行ってきました。

まず目に入ったのは色とりどりのチューリップ。

とてもとてもきれいでした。

今日は、ゆきのお友達も入れて、4人を連れて行ったのでとてもにぎやかでした。

池におたまじゃくしがたくさんいて、4人はつかまえるのに夢中。

5匹ぐらいつかまえて、ペットボトルにいれてもってきてしまいました。


そして、晩ご飯をたべて、デザートにすいかを食べました。

大ちゃんが、にこにこ顔で「ママ、みてー。おたまじゃくしだよ」と。

水を入れたお椀に、すいかの種がいっぱい入ってます。

大ちゃんは、お姉ちゃんたちがとってるのを見て、「ぼくもとりたい!」と泣いていたので、すいかの種がおたまじゃくしみたいだったのね。

「うんうん。たしかにそっくりだよ。大ちゃん。たくさんとれてよかったね。」

未分類トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
| ホーム |
プロフィール

きよママ

Author:きよママ
ようこそいらっしゃいました!!
とっても、大歓迎です☆
一言でもよいのでコメントを残して頂けたら嬉しいです~にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
ぽちっとお願いします♪

最近の記事+コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
~遊びに来てくれた方~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。