スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
自慢のババ
ゆきは私の母を「自慢のババ」と言います。

私の母は看護師です。中学を卒業してから、看護学校に行き若い頃からバリバリ働き、3人の子育てをし、また定年まで働きあげました。

だから母としても看護師としても尊敬しています。
私が看護師目指したときはとても応援してくれて、「ノートをつくって覚えるのよ!」と。

だから、私が無事国家試験に合格した3月末頃の妊娠発覚は、両親にとっても衝撃だったと思うのです。

私は、パパに話し、次に弟。どうしても両親には言えないと思っていたんですが、弟が「母なら大丈夫。ちゃんと話さなきゃ。」と。

そのとき、両親は横浜に旅行中でした。電話口では楽しそうな母の声。

私「あのさ。実は妊娠したの」
母「あらー。別にいいんじゃないの。」と明るい声。

私は、その母の声に本当に救われました。私が親だったら言えないよ。と思います。

母も内心ビックリしたと思いますが、私のことを思ってくれて出た言葉だと思いました。

私も、母のようになりたいと思いました。

そして、孫たちに「自慢のババ」と言われるようになりたいな!




今日はパパはデイケアの日でした。

パパ
「革細工をしにデイケアに行きました。今制作しているのは自分用のお財布です。これがけっこうかっこいいと思います。自分ではしゃれた模様だとおもうのですが、うまく説明できません。年配の人達と話したりすると、心が穏やかになり人間が一回り大きくなった気になります。だから週2回のデイケアは楽しみなのです。」


スポンサーサイト
未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
ゆきのひとこと
今週のテーマは「いきいきと」に決まりました。

昨日の、ゆきとパパの会話から。

ゆき「パパ、まだ若いんだから、生き生きとしなきゃだめだよ。学校でも明るく、あまり寝ないでね」と。

パパ「うん。がんばるよ。ゆきちゃん」

ゆきから「いきいきと」なんて言葉がでてくるとは思いもしなかったので驚きました。

言葉に出すと新鮮な感じです。ゆきも得意げに「いい言葉でしょ。パパにぴったりだと思うでしょ」ですって。

子供の成長は親が思う以上に早いものですね。

さて、今日のパパはどんなこと書くのでしょうか。(私が一番楽しみだったりして)


パパ
生徒に対する思い
「よく飲みに行ったら午前様になるので、うちの奥さんに徹底的に叱られるのであります。それでも犯罪者のように同じことをくり返す自分が情けないのです。奥さんの言うことは正しいのですが、中々わかっちゃいるけど止められません。奥さんに迷惑ばかりかけている<strong>馬鹿亭主です。早く死んだ方がいいのかもしれませんねえ。社会に出て頑張っている生徒にどこかで巡り会うことがあるかもしれません。そんな時に勇気をあげれればいいなあと思っています。」


すごーい!私に怒られたことを鮮明に覚えているなんて。
私は忘れて欲しい過去ですけど。
そういうことほど覚えているものなのですね。しかも、パソコンの機能も私より使いこなしている感じだし。

パパも日記を書くようになって、生き生きしてきた感じがします。








未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
大好きなミュージカル

昨日は、朝から少し雨が降っていましたが、一時間遅れで運動会がおこなわれました。グランドの水はけがよくて、近隣の小学校が延期になる中の決行でしたので、ほんとに始まるまでドキドキでしたよ。

とりあえず終わってホッとしています。

そして、ゆきとゆうかを連れて、劇団四季のミュージカルを観にいってきました。

「夢から醒めた夢」

私の大好きなミュージカルなのです。学生の頃はアルバイトしてよくミュージカルを見ては、余韻にひたりながら、ひとりミュージカルやってました。(部屋で、歌いながら踊るんですが、時々弟にみられて恥ずかしい思いをしました)

私が10年以上前に観た「夢から醒めた夢」のピコ役は保坂ちずさん。マコ役は野村玲子さん。この二人が出演するとなればもう観るしかない!

さすがに今回は違いますが、とてもよかったです。さすがは劇団四季ですね。
ゆきもゆうかも感動して、「うわーすごいね!」「ビビッってくるね」

大好きなミュージカルを子供と一緒に観る事ができてとても幸せ。

そして、うれしいことがありました。わたしの一人ミュージカルに仲間ができたのです。
それはゆきちゃん。親子なので恥ずかしくないし。
さっそく帰り道、一緒に歌ってきました。

私は、ゆきとゆうかと席が離れていたのですが、ゆき情報によると、ゆうかは、「鼻ほじってばかりで、やめなさいって言っても聞かないし、恥ずかしかったよ」と。


さて、月曜日。パパの出勤も始まりました。

「今週も元気に明るくいってらっしゃーい。」と送り出します。


パパ
「本日は職場に行き前半はぼうっとしてしまいました。こんなんじゃ駄目だと思いながら、きりっとせずぼうぼう鳥になっていました。焦るのですが、時間がただ過ぎ去って行くばかりでした。明日は大切に過ごそうと心して焼き付けておこう。」
未分類トラックバック(0) | コメント(9) | top↑
5月26日の出来事
運動会は明日に順延になりました。

明日はなんとかできそうな感じです。

運動会のために買っておいたフルーツを全部食べてしまったので、また買出しに行くことになりました。

そこで、ゆきがパパの実家に電話します。
「パパ、あづかってもらえますか?買い物にいきたいので」

以前、パパがひとりで留守番をしていたのですが、私が帰ってくると家の前に見知らぬ男の人が困ったような顔をして立っていました。
新聞の集金だったのですが、「ご主人がでて、お金を探すといったままでてきてくれないんですよ」と。

パパは、そのままテレビを見ていて、忘れていたというのですが。

それ以来、何かトラブルになったら困るので極力ひとりでは留守番しないようにしています。

母親には一週間前に会ってるのに、久しぶりと涙のパパ。

夕方迎えにいくと、これからお風呂はいるから「泊まっていく」と。

明日運動会だというのに・・。

娘や奥さんよりも母親か!と思いちょっとイライラしました。

「病気のせいなの!性格なの!どっちなんだ!」と。

でも、いっか。病気のせいにしておきます。病気で倒れる前は、場所取りに朝一番で行ってくれたし。泊まってくれると、私も、夜ぐっすり寝れるし「あーらくらく」と無理やり思って帰ってきました。

ゆきちゃん!明日はママが一杯応援するよ!








未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
明日は運動会です
パパ
「本日も休みで家にいました。真駒内公園を散歩にでました。新緑の中を歩き、心からすっきりしました。
夜になると、何かから逃げている自分が思い出されてすっきりしません。こんなんじゃ駄目だと思いながら、ぼおっと生きています。何かから追われる感じを受けています。今まで昼寝していたので百ます計算をしようと思います。百ます計算をやってるときは頭の中は真っ白になり、無我夢中で取り組むことができるので大好きです。」

先日買った計算問題も一通り終えて、また新たに買ってきました。
さすが理系だけあって、すごい集中力なのです。



明日は、ゆきの運動会。
気温も低く天気も悪そうなのです。

去年の運動会は、ゆきが選手宣誓をするということで、パパも「みたい!」と。
運動会のために、前日から外泊し、準備万端にしてたのですが、パパは、ゆきの選手宣誓も見逃し、かけっこも見逃し、体力がもたなくて、途中から家で待機してました。

今年は、ゆきの姿を記憶に残すことができるでしょうか。

私は、見逃しちゃったパパのため、子供たちのために、カメラとビデオを肩からさげて走り回りますよー!










未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
再会
パパ
「本日はデイケアに行ってはまっていることは、皮細工なんです。皮に模様をつけるときのわくわくする感じです。トンカチで叩きながら模様をつけていくときなんかは、どきどきしながら模様を見ています。きれいな模様ができたときは、まさにわくわくします。きれいな模様を見ると心が安らぎます。今まで仕事一筋だったのでこんな気持ちになれなっかったのです。皮細工に出会えて現在大変幸せです。本当は皮細工に感謝の念で一杯です。皮細工万歳!」


「パパってこんなに感情があるんだー!」って言うのが私の正直な気持ちです。私が子供たちをお風呂に入れてる間に書いていたのですが、なんだかビックリ。わくわくしてる様子が目に浮かびます。
私も、週二回のデイケアは、ほんとありがたいのです。
デイケア万歳です。

私は、今日はお友達のお茶会に行ってきました。

ゆきを自宅出産したときに、村上助産師さんを通じてお友達になった自宅出産仲間なんですが、4,5年前にあったきりだったんですね。上のお子さんがもう5年生と聞いて、「えー!」と。
「ついこの間」という感覚がいつまでも抜けなくて、話をするたびに、脳の長期記憶の扉が開くような感じで、脳フル回転でした。

本当に久しぶりの出会いでした。
みんな、それぞれの人生を一生懸命、前向きに生きていてとても元気をもらえた一日でした。

再会を懐かしみ、別れるときはなんだかみんなの健康を祈ってしまいました。

今日もみんな元気に過ごすことができました。

ありがとうございます。

未分類トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
いいこと。
パパ
「高次脳機能障害になって、一番苦労することは漢字が書けなかったり、思うことができないことです。今までできたことが難しくなり、思ったとおりに物事が進みません。自分では努力しているつもりでも、成果は上がりません。だんだん情けなく思い、くじけそうになります。いつかきっといいことがあると思いながら、毎日を過ごしています。」


今日から三日間学校がテスト期間に入るので、パパはお休みとなりました。大ちゃんも朝からパパと、仮面ライダーのおもちゃで遊んでいます。

午後からパパは4時間も昼寝して、やっとこさ起こしたんですよー。ほんとにうらやましくなりますよ。パパの昼寝の間、私は大ちゃんと遊んだり、庭にお花を植えたり、掃除したり、こっちは忙しいというのに。

起こしても起きないし、日頃の疲れがたまってるんでしょうか。そういうことにしておきます。パパが寝ている間は、私も気楽ですからね。

本格的な昼寝から起きたパパはすっきりいい顔をしています。
私は、思わず「パパ、長生きするわー」と。
パパ「えへへ。」となぜかうれしそう。

「いつかいいことがある」と思っているパパへ。

毎日家族と過ごせることが、一番「いいこと」と思います。

今を、明るく、楽しく過ごそうね。





未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
思い出
今日の札幌は、久々に晴れてとても気持ちのいい日でした。

夕方になり少し涼しくなってきたので、早めにご飯をつくっておき、私も子供たちと夜7時まで外で遊んできました。

私も子供の頃よく遅くまで外で遊んだものです。母とバトミントンをしたり、縄跳びしたり、弟をキーパーにしてサッカーしたり。夕方に母と遊んだ思い出は、とても楽しくて懐かしいのです。母がしてくれたことを思い出しては、自分の子供たちに同じようなことをしているなあと思います。さて、ゆき、ゆうか、大ちゃんはどう感じたのでしょうか。

大ちゃんも、わくわくしてる様子で「ママ、お月さまだよ!」
ゆうか「ママ、鬼ごっこしよう!」で私が鬼になり、全力疾走。
ゆきも「たまには、夕方もいいもんだね。ありがとうママ!」と。

いろんな思い出を子供たちに残せたらいいなあと思います。

帰ってきたら、すぐにお風呂に入り、今日はゆうかのリクエストのグラタンです。みんな残さず食べてくれました。

こんな日がいつまでもつづいて欲しいなと思います。
未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
「受け入れる」ということ
パパ
「病気になって、少し気が弱くなりました。頭の中をいじられて、小便をたれ流すおじさんになってしまいました。自分が情けなくなく思い、どうすることもできない自分に腹立たしく思います。これ以上他人に迷惑がかからないようにすると同時に、なんでも自分でしなければいけません。困ったときに助けてくれる家族がいることが大事であると強く思いました。今日は、学校に行ったのですが何をやったのか思い出せません。読んでくれてありがとうございます。」


いつものように7時に寝床に入ったパパ。
私も今日は頭が痛くて、子供と8時半頃寝ようとお布団に入ったのですが、「あっ血圧測るの忘れた」と思い、パパのベッドに行くと、眠れないのか、目を開けていたのです。
いつもならいびきをかいて寝てるのに。
何か考え事をしていたのでしょうか。

今日は、学校帰りに車の中で、現実問題として、退職しなくちゃいけなくなったら、それはそれで受け入れるしかないよね。とか話してきたのですが、そのことを考えてるのかなあと私は思いました。

やっぱりつらい事や悲しいことも、パパの病気のこと、大ちゃんの病気のことも、受け入れることで、前向きな考えに変わっていったと思うので、まずはなんでも「受け入れる」ことから始めたいと思うのです。

このことに気づいてから、ほんと何かあってもあまり動じなくなりました。ドキドキはするけれどね。自分でも少し大人になった気分がしました。これが成長なんでしょうか。


パパも書くことで、気持ちの整理とパソコンの練習になっているようです。

私も、パパの本音が分かるので、ドキドキしながら読んでいます。




未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
札幌ビール園に行きました
パパ
「昨日兄と札幌ビール園に行ってきました。何年かぶりにビールを飲んだのでおいしかったのですし、兄貴と一緒にビール飲むなんて何年ぶりのことでしょうか。うれしくて舞い上がってしまいました。お袋もうれしそうな顔をしていたのでほっとしましました。ジンギスカンの肉は大変おいしくいただきました。」

今朝、パパは昨日のことはすっかり忘れて「えーっ昨日だった?」なんて言っていましたが「ビール園」という言葉から、記憶をたどって書いたのでしょうか?本人は「思い出してきた!」と言っていましたが。


昨日は、夕方札幌ビール園へ出かけました。
埼玉に住むパパのお兄さんが奥さんと娘二人をつれて北海道旅行に来ていたので、一緒に食事をすることになったのです。
ゆきもゆうかも、まだ見ぬ「いとこたち」に会うのを楽しみにしていました。もう中学生と小学5年生の大きなお姉さんで、とてもかわいがってもらいました。

私もジンギスカンはほんとに久しぶり。
家では、たまにフライパンで焼く程度だけど、北海道の形をした鍋で焼き、煙もうもうの中で食べる本格的なジンギスカンはとてもおいしかったです。パパも肉を黙々と食べていました。
病気になってからは、薬もたくさん飲んでいるので、ビールも飲まなくなったのですが、病気になる前のイメージがあるのでしょうね。

兄「運動してるか?」
パパ「うん、柔道やってるよ」
お兄さんも分かっていてそれ以上は聞きません。
でも、パパは、とても楽しそうでした。
義母もお兄さんのことを「うちの息子は、好青年ですから!」とパパを前にしてうれしそうに言うし、それを聞いた奥さんは小声で「普通親はいいませんから」と。

記念の写真をとり、帰り際。
雨が降っていたので車を取りに行ってる間にパパと義母が二人で行方不明。
お兄さんと奥さん大慌てで探し、私も探そうとすると「いいから、車でまってて。」
お兄さんも奥さんに「なんでちゃんと見てないんだ!」
奥さん「だってお母さんが怒って、どこか行ったんだもん」と。

探すこと30分後。二人を無事確保しました。

とてもあわただしい一日でした。



未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
パパの登場
 パパ
「病気になり、自分の大脳を他人に触られるという思いをしました。びっくりしたと同時に、何もできない自分に情けなく思い不甲斐無い自分になんともやりきれない思いがこみ上げてきました。現在、脳疾患で苦労している患者さんは僕よりも辛い思いをしているでしょうし、痛い思いをしていることでしょう。頑張っていただきたいと心から思います。現在、普通生活できるまで回復し、寝ているとき辛い夢を見るぐらいです。後は平常と変わりません。ただ、記憶力がなくなったり、やる気がなくなったりすることがあります。どうやってやる気を出せるかわかりません。僕がぼうっとしていると周りの先生が、自宅では奥さんが一声かけてくれるのでなんとかやっています。」

今日は土曜日、家族全員8時半まで寝ていました。
外は雨だし、今日は心穏やかに過ごせそうです。でもそう思ったのもつかの間、3人集まればほんとににぎやか。

朝ごはんも終わり、ぼうっと座ってるパパに
私「ブログになんか、今の気持ちとか書いてみたら?」
パパ「うん。書いてみる。」

私が部屋の掃除をしている間に、なにやら書いてくれました。
そして、自分で自分の書いた文を読み、泣いているではありませんか。私「どうしたの?」
パパ「感動しちゃって」と。

自分の思いを書いてみることは、心や、脳にいいことかもしれません
ね。
パパもなにか、すっきりした顔で「良かったわ。ありがとう」と言ってくれました。
これからも、自分の気持ちを出していってほしいと思います。

「大脳触られて」って手術のことかな?あとで聞いてみます。

未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
パパの趣味
今日はパパのデイケアの日。

デイケアでの趣味活動は陶芸と革細工。
革細工では最初コースター、次に本格的なお財布(カードも入る)、メモカバー、メガネケースなどを作ってきました。

陶芸では、コーヒーカップ2客。
どの作品も、お世辞抜きで上手なんです。コーヒーカップの色合いもよく「どこで買ってきたの?」と言われるほど。
私も陶芸習ったことがありますが、正直パパの作品には負けてます。
私「えーなんでこんなに上手いの?」
パパ「ほんと!先生にも言われたよ」って涙。

デイケアが大好きなパパ。きっと職員の方々も優しく接してくれているのでしょうね。そこにはゴールデンリトレバーの犬も飼っていて、犬好きのパパも癒されるみたいです。

今日もネクタイ締めてビシッと決めていきました。
いつものように
私「ジャージで行ったらいいんじゃいの」
パパが小声でぼそぼそと「だって、いつも周りの人に若いのに何してるんだいって聞かれるから・・。高校の先生やってますって言いたくて・・」

その言葉を聞いて、パパの意地らしさやプライドみたいなものを感じて少しうれしく思いました。今までは、用意した服を何も言わず着て行き
参加することに精一杯だったのに・・

一度ダメージを受けた脳細胞は回復しないといわれていますが、パパを見ているとなんだか、少しずつ回復してるんじゃないかなあと感じます。きっと、そうだと思います。
だから、あきらめないで、長い目でみていきたいと思います。

私「パパ、陶芸家になったらいいんじゃない?」
パパ「子供3人いるんだよ。生活できないでしょ」

とても現実的なパパなのでした。

未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
家族
「うんこでたよー。きよこかあさーん」

私の3人の子供たち、必ずトイレの時はこのように叫ぶのです。
「たまにはパパと言ってよ」って思いながらトイレに走るんです。

この「名前呼び」は誰が教えたのでもなく、ゆきに始まり、ゆうか、大ちゃんって受け継がれていきました。
時々、スーパーでも呼ばれるので周りに、私の名前はバレバレなんです。

実家に行くと、ゆうかと大ちゃんは「うんこでたよー。じいじー。」なので、私はちょっとホッとします。じじも「おいおい。おれか」なんて言いながら、小走りだし。

ゆうかは「じいじ」が大好き。ゆうかのかっこいいひとランキングでは一位は氷川きよし。2位が「じいじ」ですからね。
ゆうかにとって「じいじ」は心のよりどころなんですね。

私が子供の頃、父にいつも怒られていたし、「こわい」というイメージだったので、一緒に寝たりとか甘えるなんてなかなかできなかったものですから、ゆうかとじいじの仲は「すごいなー」と思います。

厳格だった父がこんなに孫に優しいし、今では町内会の子ども会の役員してるし、今になって、「いいお父さんだったんだなあ」と妙に納得したりして。

何かの縁で家族になり、私もパパと出会い家族を持ち、不思議な感じがするけれど、この縁を「いい縁」にしていくために、家族を大事にしていきたいと思うこの頃です。




未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
悩み事
小学2年生のゆきはちょっと悩んでいます。

仲が良くて毎日のように遊んでいたお友達に突然「親友打ち切り」と言われたらしいのです。その日はお友達3人と自転車に乗って遊びに行くと言っていたのですが、ゆきが遅くて2人がわざとスピードだして追いつけなくなってしまったと泣いて帰ってきました。

先週のことで私もパパを迎えに行って帰ってきたら、ゆきが玄関先で座っているので「あれ?」と思っていたのですが。

さっき、ゆきがお布団の中で、「ママ、気にしないと思っても気にしちゃうの。ゆきは気にしないように、他の友達と遊んだりしていても、無視する感じなの。」と。
私は内心ドキドキして話を聞いていたのですが、やっぱり親は話を聞いてあげることしかできないし、でも「なんで!」ってちょっと怒っていたら、逆に「ママ、だめだよ」って。
一時間位話を聞いて、私もしつこく聞いてはドキドキしちゃって。

なんか気の利いた言葉は出ないし、でも、ゆきを安心させてあげなきゃと思って、
「ゆきちゃん、そういうときこそ、ニコニコして明るくしてるんだよ。むずかしいけど、やなことははっきり「やだ」といってさ。ママなんかけっこう一人で遊ぶの好きだったよ。ゆきもできるよ」

「でもさー。先生にいいなよ。やっぱり。」

「ほんとにさー。人の気持ち考えてよね!」
最後はひとりで怒ってたので

ゆきも「もう、寝てもいい?すっきりしたよ。ありがとう。ママももう寝なさい」って言うんです。私は逆に眠れなくなってしまいました。

なんか子供のけんかに親がでるなと言いますが、こういうとき何もできないってのが辛いですね。そういうことをゆき自身が乗り越えていかなきゃいけないことなんですけど、心配なんです。

ゆきが寝たので、私はすぐに母に電話。
ゆきの事を話すと、「ゆきは大丈夫だよー。これからいろいろあるけど、ひとりでも楽しいって言える子だよ。大丈夫。あなたの子でしょ」と。

なんか私が妙に安心してしまいました。
私が安心したように、ゆきは安心してくれたんだろうか。

子供が悩んでるときは、根掘り葉掘り聞くんじゃなくて、安心させてあげなくちゃと思いました。私が動揺しちゃって・・

明日の朝は、ゆきの好物の目玉焼きと、わかめの味噌汁に決まり!
元気に送り出してあげたいと思います。

未分類トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
ゆうかと私の共通点
似すぎている。

バケツにワラジムシ10匹。カタツムリ2匹。だんご虫3匹。
すごくうれしそうにもって来た。ゆうかの後には、大ちゃんが子分のように付いている。そして、ゆうかの命令に一生懸命こたえようと「はい!」と返事をしている。

ゆうか「ママ、すごいしょ!全部ゆうか手でつかまえたんだよ」と。
大ちゃん「ゆうかすごいね!」と興奮気味。
ママ「さすがー」

そうそう、私はドキッとしましたよ。ゆうかの姿が私の子供のときと似すぎているのですから。
私の弟も大ちゃんのように純粋で、虫を素手で捕まえたり、(弟相手に)相撲をしては勝つ姉を尊敬しないはずはありませんよね。(ただ恐れていたのかなあ)

そんな力関係まで同じなんて。二人を見ていてとても懐かしい感じがしました。
兄弟もまた偶然の巡り会いだし、年をとってもいい関係であってほしいと思います。
私の姉も弟もお互いに家庭をもち、別々の人生を歩んでいます。いつでも仲がいい時ばかりではないけど、本当に、「私の姉でいてくれてありがとう。私の弟でいてくれてありがとう。」と心から思います。
そんなことをゆうかと大ちゃんを見て思いました。


「ママに似すぎてるゆうかちゃんへ」

いつも怒ってごめんね。ママはゆうかちゃんが大好きです。
ゆうかが産まれた時、ゆきちゃんに大事な初乳全部飲まれちゃったね。
大ちゃんが産まれた時、男の子って喜びすぎたママ許してね。
パパが倒れて吐いたとき、ゆうかが急いで洗面器もってきてくれたよね。一番甘えたいときに、ぐっと我慢をしていたね。ママだめだね。
ゆうかちゃんの気持ち一番分かってるのにね。
ゆうかの一番の理解者は「じじ(祖父)」だけど、ママも2番目になれるようにがんばるね。
















未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
5月11日の出来事
昨日は、とても疲れました。
またお天気が良かったものですから。
朝は5時おきでパパをコンビニまで送り、娘たちを次々見送った後はなんと午後2時まで私の自由な時間。

日頃やりたいと思っていたことを書き上げてみました。
? 最近買った一眼レフのデジカメで大ちゃんの大撮影会
? 散歩。
? 本屋さんに行く。
? 日曜日に滝野の森をハイキングするのでマイリュックを買う。
? ウッドデッキの塗料ぬり。(剥げてきているので)
? 英語の勉強

いっぺんにはできませんよね。やっぱり。

でもお天気が私を後押ししてほとんどやってしまったのです。

まず、てきとーに部屋の片付け。午前9時には大ちゃんと家を出発。
地下鉄で、大通り公園に行き、まずは撮影会。
噴水の水しぶきをたっぷり浴びて一枚。チューリップの前で連写。
自分の親ばかぶりにたっぷりと浸ってしまいました。

そして、札幌駅周辺から、札幌ファクトリーまで散歩。
いつもとは違うcityな感じですまし顔、途中でグランドホテルとなりのスターバックスでコーヒー。外人さんもいて異国な感じで緊張。大ちゃんうるさくて、早々に退散。コーヒー持ちながらベビーカー押したら、振動でコーヒーこぼれて大ちゃんの頭に。あまり似合わないことしない方がいいなと、一人でニヤニヤして変な人。

札幌ファクトリー(大型ショッピング施設)でJack Wolfskinの黒の小さめリュックを購入。その間大ちゃんいなくなり、さがしてすぐ確保。
「ママほんとに怒るよ」「はい。もうしません」と大ちゃん。

そして、本屋さんへ。いつもは脳関係か、子供向けかというのに、眠って静かになった大ちゃんをベビーカーに乗せ悠々と見て回る。とても至福な時間。そして見つけました。

キクタン、キクブン。聞いて覚えるコーパス英単語。家に英語の参考書などたくさんあるのに、目新しいと買ってしまうミーハーさ。自分のために買ったのに、なぜか口実は「パパのため」

さあ大変もうお昼。「そろそろ帰ろう」と途中でたい焼き買って、地下鉄駅へ。地下鉄で目を覚ました大ちゃんは、おなかが空いていたみたいでたい焼きをぺロリ。

午後1時に家に到着。疲れた私。外で遊ぶと元気な大ちゃん。
大ちゃんは砂遊び。私は黙々塗料ぬり。
塗り始めたら終わらない。結局夕方も二度塗りするなどがんばりやさん。

ゆうかもゆきも帰ってきて自由時間終了。
パパを迎えに行き、ご飯たべて、今日も無事に過ごすことができました。

今朝、ゆきが悲しそうな顔で「ママ、怖い声で「うるさい!」って言ったしょ」と。
「えー!言ってないよー」と私。
ゆきが言うには、怖い夢みたから、「ママのお布団はいっていい?」って聞いたら、
怒って「うるさい」って言ったと。

「あっ。言ったかも。」

そんな一日でした。

未分類トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
知能検査の結果
今日はパパが先月受けた知能検査の結果を聞きに行く日。

病院に着いて、血液検査をして診察室に呼ばれました。
先生「おっ!いいんじゃないですか!」

120以上あったIQはくも膜下出血により半分位になってしまったみたいなんですけど、1年位前に行った結果と比べると、少しづつだけど上がっていたんです。少しでもいい結果がでると、とてもうれしいです。
パパ「まだよくなりますか?」と。
先生「あせらないで、長い目でみてね。現実によくなってきたんじゃないですか」といわれました。

2年前、「手術しても意識は戻る可能性は低い、よくても植物人間になる」と説明され悲しみにくれた日。こんな日がくるなんてあの頃は想像できませんでした。

人間の可能性や回復力はすごいなあと思いました。

これからもまだまだ長い道のりですが、感謝の気持ちを忘れずに、毎日を家族と大事に過ごしていくことを目標にして、その先に、社会復帰という光が見えてきたらいいなと思います。

未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
たんぽぽとつくし
大ちゃんは外で遊ぶのがお気に入り。
今日もお姉ちゃんたちを見送ったあとは、ずっと外にいます。

男の子ってボールや公園の遊具ではげしく遊ぶんだろうなあと勝手に想像していた私。
でも、大ちゃんが夢中なのは、たんぽぽとつくしたち。

「たんぽぽってきれいだよね!」って。たくさん集めるんです。
そして「ママ、プレゼントだよ」と。

そして、つくしも夢中で探して見つけると「あっ うつくし」って。
なぜかつくしのことを「うつくし」というのです。その言い方が、また上品な感じ。(親ばか)

バケツに一杯になったタンポポと「うつくし」は玄関に大事に置かれるのです。

そして、それらは幼稚園から帰ってきた、ゆうかに料理されます。

タンポポもつくしも、子供たちにとっては「いとうつくし。」なんですね。





未分類トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
早朝の出来事
あーあ。
朝からパパを怒っちゃった。
さっき4時頃、居間からテレビの音がするので、「おかしいな」と思って行ってみたら、パパがテレビを見てたんです。
テレビを見るのは別にいいんだけど、私「今日は学校なのにそんなに早くおきて大丈夫なの?」と。パパは「もう寝るわ」と言って立ち上がったんです。すると、寝巻きのズボンはベチャベチャだし。上着も濡れてて。もちろん座っていたソファーもべっちゃり。

「なんで取り替えないの?」
毎朝起きて、自分でオムツを外し、パンツを取り替えて、濡れた衣類は洗濯機へ。という練習をして、私に手順を言われなくても最近はできるようになってきたのに。
濡れたままソファーに座ってテレビを見てるなんて。

ある高次機能障害の本に、「言ってできるのなら病気じゃない。できないから病気なんだ」と書いてありました。
できるようになることが治っていくことと思わないほうがいいかもしれない。
私にいろんな期待があるから、パパの失敗を怒ったのかもしれない。

怒ったら私も朝から後味悪いし。もうパパも寝たし、私も気分を切り替えて朝ごはんつくることにします。

未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
宝物
長かったお休みも終わり、今日からまた心機一転。

今日からパパも職場に通い始めます。

前日にはコンビニ(校長先生との待ち合わせ場所)までの道のりを二人で歩き、夜はいつもどおりに早めに就寝し準備万端に整えました。

私も、5時に目覚ましをセットし、「さあ寝よう」と思ったのですが結局眠れなくて、皆が寝静まった後、録画しておいたCSI科学捜査班6、CSI ニューヨークを見てしまって、ますます眠れなくなってしまって。でも、久々にテレビをゆっくり見ることができてよかったんですけどね。

やっぱり、明日から、パパを早く起こして、身支度の準備をさせて、パパの後をこっそりつけて・・と考えているうちになんか私のほうが緊張してきちゃって。

「まあ、何とかなるさ」と思い、朝起きたら6時35分。

「うわーお」
それから、パパを起こし身支度を整え、バナナとおにぎりを持たせ、血圧はかり、薬をのませ、車で送りセーフ。

いろいろ考えてもその場その場でなんとかなるもんなんですね。
でもパパの血圧には悪いかも。

「案ずるより生むがやすし。」勝手にそう思って、急いで家に帰ると、玄関でゆうかがひとり座って待っていました。3人ともまだ寝ていたので「そーっと」出てきたのですが。

大ちゃんが手術して2ヶ月経った頃(パパはまだまだ入院中)、容態が悪くなり夜中に病院に行ったことがあるんです。私は両親に電話して来てくれるように頼んで、ゆきとゆうかはぐっすり寝ていたので、そのまま出かけたんです。両親が駆けつけるまで、20分位なので大丈夫だろうと思って。
2月の雪が降りしきる寒い日だったのに、二人は窓から顔出して泣いてたと後からききました。
パパが目の前で倒れて、大ちゃんが夜中に救急車で運ばれて。ママも自分から救急車乗っちゃって。子供心にとても心配させちゃいました。

だから今でも、ゆきとゆうかは、ママと一緒じゃないと眠れないんです。

子供ながらに、宝物は「家族」と答えるゆきとゆうか。
これからもよろしくお願いします。



未分類トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
早寝早起き
午後7時。もう寝るんですよ。
明日から学校も始まるし。
今日は、私の姉夫婦がゆきとゆうかを、日本ハムとオリックスの試合に連れて行ってくれたのです。(札幌ドーム)
私は、テレビで見ていたのですが、ハラハラドキドキでした。

ご飯も5時から食べて(早すぎる)、お風呂も入って、サザエさんもみたし。
なんだか、私の子供の頃みたい。
日曜日は、サザエさんを見て、小公女セーラを見たら寝ていましたから。

パパが元気だった頃の口癖は「寝ることによって救われるのさー」

「何言ってんの」と思っていたけど、今はなんだかわかるなあ。

未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
ばんがる!
長かった休みも終わりに近づき、ホッと一息。
来週からはパパも学校へ通い始めるので、また、近くのコンビニまでの行き方を復習しました。
そして、家族みんなでお墓参りに行きました。ここまでパパが回復したことの感謝と、また家族みんなが仲良く明るく過ごせるように見守ってくださいの気持ちをこめて。(お彼岸にいけなかったので)

別に信心深いわけではなく、最近「お墓参りしなさい」ってテレビでよく耳にするので、行ってみただけなんですけど。我ながら単純というか、行動力あるよなあと思いますが。
子供たちも、何か「もごもご」言っていたし、パパはいつものように泣いて、私はお線香に火をつけるのに悪戦苦闘。大ちゃんは、他の人のお墓を何軒も訪問しては「こんにちは」と大声で言ってますし。

でも、帰りはなぜかすがすがしい気持ちになりました。

私は、昔から単純(おひとよし?)なんですよねー。人の話はいい方に解釈しちゃうし、スーパーで試食のおばさんに勧められたら、買っちゃうし。
パパが倒れてから、「大変だけど、がんばってね」という言葉をたくさんかけてもらいました。みんな心配してくれて、言ってくれて本当にありがたく思いました。
パパに周りの人に「がんばれ!がんばれ!」って言われたらどんな気分?と聞きました。するとパパはなぜか目を丸くし(はりきりモード)
「がんばるぞ!って気持ちになるよ」と。
私は思いました。「パパも私と同じで単純だわ」と。

こんなおひとよしな夫婦のもとに生まれた子供たちは、親の足りないところを補うかのようなしっかり者たちなのでした。

大ちゃん「ママ、ばんがって!」
ママ「ばんがるよー」

「ばんがる」って「がんばる」よりなんかいい、と思うこの頃です。



未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
クルージング
私ってほんとに「お出かけ派」とつくづく感じます。
昨日は、こどもたちを遊園地に連れて行ってクタクタで帰ってきて、「もうどこも行かない」って心に決めたのに、次の日の朝になったら、そんなこと忘れて、「でかけるよ!」って。

パパは昨日から実家に帰り、今日は義母たちと日帰り温泉にいくみたい。昨日の夕方迎えに行ったのに、パパが「泊まってもいい?」っていうので泊まってもらいました。以前は「むかっ」ときていたけど、「やっぱり、血のつながりには勝てないわ」と思って身を引くことをパパの病気後、学びましたよ。昔のように、義母から守ってくれるパパはいなくなって、子供のようになってしまったのですから。
今は逆に「ラッキー」と思って、「また一日子供たちと遊べるぞ!」と。

地下鉄の一日券を購入し、札幌市内をクルージング。(ただ乗って移動しているだけ。)
初めに、中島公園へ行きました。桜も咲き始め「札幌にもようやく春が」という開放感に包まれて、とてもいい気分。その気分にのせられて、ボートにまで乗ってしまいました。ゆきとゆうかがボートの前後に乗り、大ちゃんをゆきの股の間にセット。そして漕ぎ手は私。誰が見ても「あの親子あぶないなー」という視線を背中にたっぷりうけて、漕ぎ出しました。100円で「かものえさ(パンのみみ)」を買っていたのですが、前後離れて座ったゆきとゆうかは身動きできずに「えさ!こっちにちょうだい!」と大声だしてるし、大ちゃんは、えさを食べてるし、ママは漕ぐの下手だしの三拍子。
ボートに乗って、優雅に桜を見ようなんて思ったのも、開放感のなせるわざですよね。

大汗かいてもまだ懲りずに、今度は大通り公園までクルージング。
屋台でとうきびとジャガイモのセットを食べて、子供たちも大満足。
大通り公園も桜やお花がたくさん咲いていて、またまたいい気分になったのに。
ゆうかはカキ氷食べれなくて「ふくれ顔」
しっかりものと評判のゆきは、地下街で迷子になるし(なぜ?)、今度は、ゆうかに叫んでもらいました。「ゆきちゃーんゆきちゃーん」と。(防災センターで無事確保)またまた大汗かきました。
そして、大ちゃんは寝てしまうし。
疲れ果て帰ってきて、ひと言「明日は家にいようね」と。

こんな思い出でも、子供たちが大きくなって、「そういえばボート乗ったよねー」「大変だったよねー」と話のネタになってくれたら、とてもうれしいです。

夕方パパも帰ってきて、「寝るところどこですか?」って。
「二階ですよ」と答えた私。
明日は、パパの脳細胞のためにも「歩くか!」と。またまたお出かけ好きの私の出番です。

未分類トラックバック(0) | コメント(8) | top↑
写真
パパごめんね。
「今日は子供たちを遊園地につれていく約束なんだ。」

昨日の夕方、ニュースで天気予報を見ていたパパは、晴れマークだらけの北海道を見て一言。
「明日から天気がいいよ!どこか連れて行くよ!」と珍しくはりきって言ったのです。くも膜下出血で倒れる前は、休日になると子供たちを連れて出かけていたものですから、その思いがパパの心にあるのでしょうね。病識の欠落も見られ、自分がどんな病気で倒れてしまったのかも忘れているんです。
だから、私が「じつはこれこれ・・で」と倒れたときから、一年半の長い入院生活を経てきたことを、長々と話します。すると、パパも自分の状況がわかり、少し悲しい顔をするのです。
今回は、子供たちの前で言ったので、ゆきとゆうかは驚いて「えっ!」
大ちゃんは「やったー!」と大喜び。
すかさず、ゆきとゆうかが「パパ、運転できるようになったの」
パパ「なんで?いつも運転してるしょ」と。
またいつもの繰り返し。

自分が運転できなくなったことを思い出したパパは、悲しそうな顔をして「もう寝るわ」と。
その日の夜は、みんなでパパが元気だったころの写真を見ながら、ゆきやゆうかの「おもしろい顔」に大爆笑しました。
写真っていいですね。とても明るい気分にさせてくれます。
これからは、元気になっていくパパと、大きくなっていく子供たちの楽しい写真をたくさん残していきたいと思いました。

未分類トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
百ます計算
朝からひたすら百ます計算をやっているパパ。
百ます計算の問題集も2冊目に入りました。確実に時間が早くなっているんですよ。間違いも少なくなってきましたし、やっぱり継続は力なんですね。
この間二人で本屋に行き、問題集を買いました。
「脳いきいき大人の計算プリント」と「常用漢字プリント」と「脳トレ手帳」です。いずれも前頭前野を活発にすると説明には書いてあったので適当にやれそうなのを選んできました。
パパは長期記憶(昔のことなど)は覚えているんですが、短期記憶(ちょっと前にしたことなど)が5分ともたないといわれています。だから、映画に行ったことも忘れてしまいます。
どうせ忘れるのなら、元気な頃にけんかしたことを忘れて欲しいのに、そういうことは覚えていて、夜中の2時にトイレを詰まらせて、部屋中にトイレの水を溢れさせたことなんかはすっかり忘れているし。覚えていて欲しいことが忘れられているので、時々「ほんとはなおってるんじゃないかなあ」と疑うときがありますよ。
この、脳トレ手帳の良いところは、時間ごとに自分でスケジュールを書いて、それをチェックします。やっぱり、自分で時間を見て生活できるようになってほしいので。
学校でも、同僚の先生とスケジュールを立てているのですが、ある時は「昼寝」と書かれていたんですよ。
こういう冗談も言えて、他人から見ても普通に見えるのが、この病気の辛いところかも知れません。
未分類トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
大ちゃんとデート
平日ってとてもいい。
ゆきは学校。ゆうかは幼稚園。パパはデイケア。すばらしい!
久しぶりに二人きりになった大ちゃんと私。「何して遊ぼうかなー」と思っていたら、
大ちゃんが「ママ、コーヒー飲みにいかない?」と。
これはいつも私と大ちゃんのデートの合言葉(とても親ばか)
もっと親ばかを披露すると、デートの歌まであるくらい。
私「大ちゃんとー。デートー(のばして歌う)」って言ったら、すかさず大ちゃんが「ママとー。デートー。ママはコーヒー。大周はードーナツー(ミュージカル風に)」(ほんとにすみません)
私がコーヒーを飲んでる隣で、チョコのドーナツをパクパクと。
パパとデートするより数倍楽しい、大ちゃんとのデート。あぶない親になりそうな私。
でも、親ばかぶりは姉の方がすごいので、まだ「いいかなー」と思ってます。甥っ子の「光ちゃん」は私に「ママ(姉)がいないときだけ、おばさん(私)とラブラブできるよ」っていうんですよ。ママが見たら困るみたいな感じで言うので、「ぷっ」と笑いながらも、私も「うん。わかった」とまじめに答える始末。
もう、ほんとに「叔母さんばか」なんです。
こんな私にゆきは「ママ、ほかの人に言ったらだめだよ。恥ずかしいよ。(お姉さん風に)」と女の子たちは冷静なのです。

久しぶりにデイケアにでかけたパパ。なぜか「ビシッ」とネクタイ締めて行きました。お風呂もはいるから、ジャージで行ったらいいのに。


未分類トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
| ホーム |
プロフィール

きよママ

Author:きよママ
ようこそいらっしゃいました!!
とっても、大歓迎です☆
一言でもよいのでコメントを残して頂けたら嬉しいです~にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
ぽちっとお願いします♪

最近の記事+コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
~遊びに来てくれた方~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。